このページの位置情報

iPhoneのアクティベーション

iPhoneを購入した際に、まず最初にしなければならない操作は、SIMカードをiPhoneに挿入してソフトバンク3G端末として利用するためのアクティベーション作業です。

ソフトバンクショップの店頭で実行してもらえる場合もありますが、ここではSIMカードを渡されるのみで、自宅に帰ってから自分自身でアクティベーションを行う方法を解説します。

SIMカードとiPhoneのアクティベーション

SIMカード

iPhoneをソフトバンクの携帯端末として利用するためには、ソフトバンクから提供される携帯端末情報が記録されたSIMカードをiPhoneに差し込んで認証を行います。 ソフトバンクのショップによっては、購入時に店頭でこの作業をしてくれるますが、そうでない場合はユーザが自分で行います。

アクティベーション


挿入したSIMカードをインターネットに接続したiTunes経由でソフトバンクのセンターと通信して利用開始の認証を行います。 

iPhoneをアクティベーションする手順

SIMカードをiPhoneにセット後、センターと通信を行ってお使いのiPhoneをアクティベーションする手順を解説します。

SIMカードの挿入

SIMカードをiPhoneに挿入します。

ソフトバンクで渡されたSIMカードは台紙についているのできれいにはずします。
ソフトバンクで渡されたSIMカードは台紙についているのできれいにはずします。
SIMカード挿入スロット(iPhone上部にある)にSIMカードを挿入します。
SIMカード挿入スロット(iPhone上部にある)にSIMカードを挿入します。

iTunesのダウンロード

iTunesはWindows版/マック版がそれぞれ用意されています。
iTunesはWindows版/マック版がそれぞれ用意されています。

アップルからiTunes(最新バージョンは8)をダウンロードして、PCにインストールします。
iPhoneの各種設定にはiTunesが必要となります。

iTunesは、PC上で音楽・映像・画像管理するソフトウェアでアップルから無償で提供されます。
iTunesに登録されたこれらのデータは、iPod/iPhoneに転送して持ち出しが自由に行えます。 

PCとUSBケーブルで接続する

iTunesのインストールが完了したら、USBケーブルでiPhoneとPCを接続してください。iTunesがiPhoneを認識してアクティベーションに必要な手続きが開始されます。

iPhoneをソフトバンク携帯として利用するための登録処理(アクティベーション)が自動的に開始されます。
iPhoneをソフトバンク携帯として利用するための登録処理(アクティベーション)が自動的に開始されます。

アクティベーションの完了!

作業が終了したら全ての利用が可能となります。

さあ、iPhoneの世界を探索しましょう!
さあ、iPhoneの世界を探索しましょう!

SIMコードとパスコードの設定

iPhoneは情報端末です。
持ち歩き先で紛失した際に備えて、第三者がiPhoneの中身を見て悪用されないためにも、パスコードを設定することが大切です。

パスコードによるロックは、SIMカードに対して行うロックと、iPhoneに格納されたデータを保護するためにiPhoneに対してかけるパスコードロックの2種類があります。 
(詳しくは次のページで)

−前のページ  |次のページ- SIMカードのロック/パスコードの設定
   

みんなで作るHowto

もっと知りたいこと、追加情報として紹介したいこと、コメント、追補など、さらなる情報を追加して、みんなの知りたい+できるを加速させてください。<トラックバック歓迎>

Trackback トラックバック

この記事のトラックバックPing-URL
http://www.iphone-howto.com/trackback/index.cfm?story_id=23

Comment この記事へのコメント

コメントを投稿する (追加情報や感想などお寄せください。)

USIMカード
ソフトバンク携帯端末としての情報が書かれたICカード。 UCIM(User Subscriber Identity M ・・・[詳細]